色々ある貸し会議室のセッティング方法・利用方式
2016.12.01

会議室サムネイル会議室は、会社にとって必要不可欠なスペースです。貸し会議室は、自社が起業したばかりで、会議室を設置する余裕がなかったり、会議室が完成していない場合に便利です。セッティング方法も、会議室を貸す側で行う場合もありますし、有人サービスや設備も充実しています。机、椅子、ホワイトボード、プロジェクターなど会議に必要な備品の導入がまだだったり、設備は整っているけど空調設備の整備がまだという場合に、近隣の貸し会議室を借りると便利です。レンタル会議室は、時間単位の利用方式ですので、万一自社の会議室がふさがっている場合には、利用を検討するに値します。都市部のターミナル駅やオフィス街の交通至便の場所にありますので、取引の初期段階で、お互いの会社のいずれかで会議をするには、まだ時期尚早という場合には、会議室を借りることで中立性も確保できます。

また、会議の参加人数にあわせて会議室をレンタルすることができます。研修会や就職のための会社の人事担当者と学生の面接会にも会議室の利用が便利です。大人数を収容する会議室がない場合や社外の人間を多く参加すると業務の妨げになってしまう場合などは、貸し会議室の利用が有効です。セッティング方式も、典型的なロの字型をはじめ、使用目的に応じて様々なパターンが用意してあります。相談にいったところで、考えてもいなかった利用方法の提案があったりもします。また、備品等の操作のために、オプションとして会場スタッフを用意してもらうことも可能ですので、雑用的な仕事に会社の人間を割かなくて済みます。

会議室の用途は、会議や打合せ以外にも幅広くあります。会社のサークル活動で利用したり、外部の集まりにも利用できます。会場も、様々なパターンで用意してありますので、会議やイベントの内容や動員人数に合わせて会場を探せばいいので、地域などある程度のあたりをつけて適切な広さの会場を探すと、最適な会議室を手配することができます。会議室は、議論や意見を交わしたり、知識を共有したりすることが目的ですが、それ以外にも様々な可能性がある空間です。また、会議の進行方法さえも変えることができる可能性もあるなど、うまく利用すれば経費節減にもつながります。しかし、最終目的は、会議などの目的を達成できるための、意見を出しやすい、あるいは雰囲気がいいセッティングなどが必要です。幅広く探し、管理者の意見も聞くことが重要です。

▲ ページトップへ