会社研修を貸し会議室で行うメリットとは
2016.12.01

会議室サムネイル日本では数えきれないくらい数多くの会社があります。会社運営をするためには時折新人などを入れて人員の確保をしなければならないと同時に、既存の社員も時代に対応できるように随時、最新の技術やノウハウを習得する必要があります。この技術やノウハウ、また会社の社員としての基礎的な事柄を習得することを別の表現で言わせれば会社研修ということになります。さてその会社の研修を行うにはそのための場所を必要とします。そしてその研修を行うにはそれなりの人数がそのための場所で活動をすることになります。この研修を行う場合は自社の会議室を利用するのが世間一般のイメージであるともいえます。しかし現実では一部の会社は既に会社の外部にある貸し会議室を利用してるのが実態となります。

その会社の研修で貸し会議室を利用するには複数のメリットがあるから利用しているともいえます。まず最初のメリットは自社で会議室を抱えてるよりも経費が安上がりであるということです。というのは日本各地には数えきれないくらいたくさんの会社がありますが、すべての事業所は大企業のような大きな建物を抱えてるような会社ばかりではありません。中には事業所自体が建物を借りて営業してることも珍しくないし、自前保有にしても建物自体の規模が非常に小さくて会議室などないことも珍しくありません。会議室を自前で抱えるとそのぶんだけ建物の規模が大きくなり、家賃あるいは固定資産税が増えることになります。そのためこの経費を圧縮して会議室をなくしてしまい、必要なときだけ会議室を借りたほうが年間経費として得策になります。

その次は会社の研修をする際は毎回同じ人数で行うとは限らないことです。また研修の内容も毎回変化をしていきます。そのため自前で会議室を抱えてるとその変化に対応させるための設定に苦労を要することになります。会議室内での設定の変更は机の配列だけでなく、プロジェクターやパソコンなどハイテク機器の設定なども必要な場合があります。これらの設定を既存の社員がいちいちやっていたのでは普段の営業活動のための時間と人員を削られてしまうことになります。ただでさえ普段の営業活動のための社員を限界まで削ってるのに、これでは営業活動そのものがいつも遅延気味になってしまいます。しかし貸し会議室だと机の配列やこれらのハイテク機器などの用意は自分たちがいちいち行わなくても済むことになります。また研修の人数がいつもよりも突発的に多くなったとしても、借りようとする会場を変更すれば入りきれないなんてこともなくなります。

▲ ページトップへ