サービスの違いによって変わる車の塗装の料金

車の塗装にかかる料金の相場ですが、これは車種だけでなくその車の状態によっても大きく変わってきます。例えばほとんど新車に近いような状態の車であれば、塗装をする際に下地があまり必要なく作業に取り掛かる事ができるので問題ありません。ですが元々の塗装自体が剥がれ始めてしまっている状態の車というのは、先ず始めに下地を塗りその上で本塗装をするという処理が必要となるので、料金ももちろんかなりかさんできてしまいます。その上そういった車だと塗装を終えてもその仕様によっては不具合が出てきてしまう可能性もあるという事を認識しておかなくてはいけません。塗装をするという場合にはどのくらいの料金がかかるのか予め見積もりを組んでもらう事ができますので、心配な方は事前に見積もりを出してもらう事をおススメします。

車の塗装にかかる料金は原因でも変わる

車の塗装をする上で先ほどの状態以外に料金が変わってくる部分として、どの程度の塗装をするのかという部分があります。当然の話ですが車全体に塗装を施すのと一部分にのみ塗装をするのでは、料金は全く違います。どこかへぶつけて擦ってしまったり傷が付いてしまったりして塗装が必要というパターンであれば、一部分のみで済むという場合がほとんどです。ただ「塗装をする」というだけの作業では車体の外側部分、表から見える部分にだけという事になってしまうので、ドアを開けた時に見える箇所やボンネットの内側などに傷や擦れがあるという場合は、別に中塗装という作業を依頼しなくてはいけません。そしてこの中塗装という作業を依頼すると通常の塗装よりも作業労力が必要となるため、料金はかさむという事もお話しておきます。

車の塗装にかかる料金は大体いくらなのか

それではあくまで見積もりを出さなければ詳細は分からないと前提した上で、一般的な相場として車の塗装にどの程度料金がかかるのかというお話をします。先ず全塗装で作業依頼した場合安くても30万円はかかる事を覚悟して下さい。そこから車の大きさや状態でプラスもしくはマイナスもあるかも知れませんが、恐らく30万円以上はかかると思っておいた方が安全です。車種によって特殊な塗装が施されている場合など、中塗装が多く必要なパターンなどを考えるとその金額は100万円を超えてしまう可能性もあります。自分の車を塗装するという場合ならある程度見えない箇所は省くという事も出来るかも知れませんが、ぶつけてしまった相手の車を塗装する料金を支払うという場合は、高額になっても相手が希望していれば支払わなくてはならないので、保険には必ず入っておく事も併せておススメしておきます。