塗装が必要な車の適切な料金設定

大切にされている愛車も永く乗っているとボディーが擦れたりして色が剥げてしまうこともあります。このような時には、下地の金属部分がさびないためにも、塗装を行うことが必要になってきます。その時にご自分で道具を揃えて塗装をする場合と、車屋さん関連の業者に依頼をするのとでは、かかる料金も違ってきます。ほんの少しの傷でへこみもそれほど無い場合には、ご自分で塗る方が安い金額で塗装ができます。その時には、ご自分でボディーの写真を撮るなどして、カー用品が販売されている店舗に行き、ボディーと同じ色のスプレータイプや練りタイプのペイント材料を写真で確認して選びます。実質金額はスプレー缶と、塗るのに必要であればハケのような筆、作業が終わった後に上から塗るコーティング材などがあれば済むので2000円前後でしょう。

塗装にかかる料金はお車の状態によって変わる

車の塗装箇所が広範囲に渡ったり、金属部分に傷ができていたりへこんだり曲がっていたりなどしている場合には、素人が塗るにはスキルが必要になってきますので、車関連の業者に依頼をする方が安心です。その時には、できるだけ料金体系に見合うよう塗装のクオリティーが高くて作業が丁寧な業者のところに依頼をしたいものです。塗った後でムラができてしまったり、短期間でまたすぐに剥げてきてしまったりすると、満足できる塗装にはならないでしょう。また色だけではなく剥げてきた時の原因として、板金の方にも擦れた傷ができたりへこみがあったりすれば、その修理も加えて必要となりますので、金額もさらにプラスされることになります。一般的な相場もお車の状態によるところが大きいですので、業者に見積もり料金を出してもらってから、依頼をするかどうかを決めると良いです。

塗装の料金はお車の仕上がりによって違う

業者に依頼して車の塗装をしてもらう時には、料金は塗る時のコート数によっても金額に差ができます。2コートや3コートなどいろいろ段階がありますが、当然塗る回数が増えるほど手間も材料費もがかかりますので料金も高くなります。1コートもありますが、のちのちの色の耐久性や仕上がりの具合から考え、勧めない業者さんも多いです。さらにはボディーに塗るコーティングの色の違いでも、料金に差が出ます。本来の色を鮮やかに出すために、白色を先に下地に塗る必要がある場合など、作業工程が増えてしまう色合いほど当然作業代がかさむことになりますし、もともとのコーティングの原色の値段が他の色より高いものもあります。このように持ち込んだ時のお車の状態と、塗る色材や塗り方によって、塗装の金額はいろいろと違ってくるものです。