料金による車の塗装のサービスの違い

現在車をお持ちの多くの方は大切に乗られており、気軽な買い物のような価格ではない分、購入の際は、車種はもちろん、色も考えて選ばれたことでしょう。しかし、どんなに気を付けていても長く乗っていると塗装が剝がれてしまったり、色の変化が気になったりすることがあります。そのように塗装を検討するパターンは大きく二つに分けられ、一つは、思わぬハプニングにより傷が付いてしまって一部を修復したい時、もう一つは、日光に当たり続けることなど経年による色の変化が気になる時や、気分でボディのカラーを変えたいというカスタム的な意味合いで車全体の塗装を考えるシチュエーションです。どちらとも、車のカラーを塗替える作業ということに違いはないのですが、その違いと料金やメリット、デメリットについてご紹介していきます。

傷や気になる部分だけを塗装するには

まず、うっかりミスや避けられないシチュエーションで起こり、目の当たりにする方も少なくない、車に付いた傷を補修することを目的とした部分的な塗装についてご紹介します。これはいわゆる修理、補修作業として行われる塗装で、10センチ四方の料金は数万円ほど必要です。傷が付いた場所や車種によって大きく差がありますので、ディーラーやカーショップへ依頼してまず見積もりをもらって検討してみましょう。インターネット上で簡単見積もりが可能なショップもありますから、目安の金額が分かりやすくなっています。また、少しの傷だからと思って放っておきますと、傷が広がって剥がれていくことや、やがてそこから腐食していく危険性もあり、結果的に大きな修復が必要になる前に、早く修理しておくことをおすすめします。

全塗装にチャレンジする際に注意したいこと

次にご紹介するのは、車全体を塗装する全塗装とも呼ばれる手法についてです。こちらは、補修が目的ではなく車のカスタマイズとして行われるもので、ボディの色を変えたい、また、模様などを入れたい場合にも利用されます。利用される塗料にはウレタン樹脂といった耐久性の高いものが含まれまるで新車のように仕上がることも特徴です。しかし、パーツだけではなく車全体に作業が必要で下地の処理を始め手順が多くかかることから職人の高度な技術が不可欠であり、時間も必要です。そのことから、こちらも車種やショップによって大きな違いがありますが、数十万円から、内容によっては新車を購入できるほどの料金が必要です。そこで、近年は特別な樹脂製フィルムを利用してそれを張り付けたラッピングという手法もあります。このように、目的によって色々な方法がある車の塗装、自分にあった方法で大切な車の塗装を検討してみてください。