車の塗装にかかる料金とそのサービス

車の塗装と一言で言っても、種類は様々で車種や色によって値段も変化してきます。作業範囲や選ぶ色によっても金額が変わります。下地処理に時間がかかる車だと、それに伴い金額も加算されます。外装の塗装を行っても、ドアを開けた時のステップ部分、ボンネットを開けた時の接続面やりアゲートなど外部からは目に見えない部分までは塗装しません。中塗りといって、そういった外部からは見えない部分まで美しく仕上げるためには、さらに料金がかかります。それらの塗装料金の大体の目安ですが、全塗装を依頼するのであれば、最低30万円くらいは必要となりそうです。これは必要最低限の分解で、マスキング技術を利用して塗装する最安値金額です。全てのパーツを分解して丁寧に塗装するならば、さらなる追加料金がかかってきます。

下地の状態で変化してくる塗装価格

特殊な塗装技術が必要な車種や、下地の状態が良くない車に関しては、100万円を超える高額となることも予想できます。どれほどの費用負担になるのかは、業者に車を見てもらってからの見積もりでしか判断できない世界です。塗装を考えるのであれば、直接来店して車を見せての見積もり依頼が早いです。一方、部分的に傷を隠すのみの塗装であれば、3万円から6万円前後の料金が予想されます。塗装面積が広いドアなどのパーツに関しては6万円前後、バンパーで3万円から4万円と、パーツの面積によって相場の変化があることを把握しておきましょう。インターネットの広告などでよく見かける、激安塗装での注意点がいくつかあります。激安塗装をウリにしている業者の提示金額は確かに安いのですが、塗装の範囲に確認が必要です。

複数社の見積もりで比較検討が必要

激安塗装の注意点は、外装塗装のみの料金提示にあります。最低限の塗装費用としては安く感じますが、そこに中塗りなどの追加料金を加算されて、希望の塗装を見積もってもらったら、結局は高くついてしまうパターンが少なくありません。安い塗装にありがちなのは、下処理等を入念に行わないせいで、塗装にムラがあったり、埃や汚れの付着でボコボコになってボディーの仕上がりが悪くなってしまうケースです。下地作りの工程を省いてしまう業者は避けた方がよさそうです。パーツごとに丁寧な塗装をしてくれる業者を選ばなくては仕上がりに差が出ます。自分の愛車をきれいにするための塗装ですので、業者選びの段階から慎重になる必要があります。金額には惑わされず、信頼できる仕事をするような塗装業者を選びましょう。